HUNTER(ハンター)のレインブーツ

レインブーツの人気ブランドといえば、何しろHUNTER(ハンター)を真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。1856年創業のハンターは進歩的な英国老舗ブランドで、ブランドシンボルでもあるオリジナルブーツでその名を知られて?あり、ハリウッドセレブや海外モデル、日本の芸能人も手広く愛用してある。

ハンターのレインブーツは洗練されたおしゃれなデザインで、雨泥水をものとも終わるおっきい撥水力が魅力です。足の形にフィットするシンプルなデザインで、滑らかなフォルムをしています。また、カラーバリエーションもベーシックなブラックやネイビーをはじめ、レッドやオレンジ、グリーンなど綺麗な色が多いのも人気の秘密だ。

ハンターのレインブーツは種類も長々あり、ロング丈からショート丈まで各種取り扱っているので、背格好やコーディネートによって好みの長さを選ぶことができます。
そこで、ハンターのレインブーツ選びで押さえておきたいポイントをまとめてみました。

とりあえず大切なのはサイズ選びだ。ようやっとお気に入りを手に入れても、サイズが合っていないとあるくことすら困難になるのがレインブーツだ。ゴムは伸び縮み終わる素材なので、革製品と違い、履いているうちに足に馴染んでくることはありません。つまり、いよいよ履いたときの感覚が引き続き続きます。

サイズ選びの際は、ふくらはぎを測ってから決めるほうが良いでしょう。
サイズを見せるとふくらはぎのがたいも大きくなります。ハンターはゴムがしっかりしている分、ふくらはぎ部分に余裕があり過ぎ去るため、脱げやすかったり、駆け回り辛くなったりしてしまう。購入する際には、足のサイズだけでなくふくらはぎのサイズも測りましょう。

全体的にゆるゆる目に作られているハンターですが、足首部分は些か細めのようです。足首のサイズ選びに失敗すると、履くことはできても脱げないなんてこともあります。試着を通してみて脱ぎ履きが大変だった場合や足首が手ごわいという方は、ゴムが柔らかめのシリーズを選ぶと良いでしょう。

また展開シリーズが豊富なハンターは、ゴムの厚みやブーツの高さによって履いたときのフィット感が変わってきます。おんなじハンターのレインブーツも、シリーズごとのサイズを必ず確認ください。

憂鬱になりがちな雨の日を快適に暮らすために、サイズ選びは慎重に、フィットする一足を見つけてください。参照サイト