日本人は印象派の絵が大好き

日本人は、印象派の絵を好きな人が多いと言われています。印象派のよく知られている画家にはセザンヌ、モネ、ルノアール、ドガ、シスレー、ゴーギャン、ゴッホ等がいます。印象派というのは、19世紀後半にフランスで始まった芸術運動のことです。それ以前のヨーロッパの絵画は写実的で、貴族や富豪たちの肖像画を描いたものが多かったのです。ですが、その後カメラの発明により撮影が出来るようになったので、肖像画を描いてもらおうとする人が減って行きました。

その写実主義に代わって、肖像画よりも、可愛い陽光を受けた戸外の風景を描く印象派が主流になって行きました。写実的に描くのではなく、色や光に重きを置いたのです。肖像画の厳格な物悲しいイメージとは逆に、軟らかい色調の良いかわいい絵が多くなりました。日本人は人物を描いたものより風景を描いたものが好きですし、色合いも原色によるはっきりした色よりも、淡い感じのパステルカラーというきれいな色が好きなので、印象派の絵を好きな人が多いのですね。

また印象派の画家の多くは、日本の浮世絵の影響を少なからず受けています。構図のとり方も以前のヨーロッパ絵画にはない構図で描いてあったりしますので、浮世絵に馴染み深い日本人の好みに合っているのでしょう。

印象派の有名な絵画にはどのようなものがあるでしょうか。モネの「睡蓮」は、どなたでも一度は本などで見たことがあるでしょう。モネは睡蓮を題材として、200点以上の作品を描いていますので、日本の美術館にも展示していらっしゃる所がありますから、実物をご覧になった方も多いかもしれませんね。

モネの「日傘を指す女」も、日本人が大好きな印象派の絵ですね。こういうテーマで3点の絵がありますが、その1つは白い雲ときらめくばかりの青い空をバックに、パラソルをさした女性(モネの妻)とその子供(息子)の絵を、下から見たアングルで描かれたものです。幸せに満たされたモネ一家を垣間見る感じで、日本人の心を掴んでいるのでしょうね。

ゴッホの「ひまわり」も有名ですし、人気ですね。ゴッホは、ひまわりを題材として、多くの絵を描いています。初期のひまわりは土に置かれた寂しげなものだったりしますが、後に南仏のアルルに滞在していたときの描かれたひまわりは、花瓶に挿してあり、明るく生命力のあるひまわりになっています。http://xn--u9jw44qkwb9yvoua.xyz/