バレエ

女の子に人気の習い事と言えば「クラシックバレエ」だ。
小学生の女の子のあこがれでもあります。
きれいな衣装を身につけて、華麗に舞う姿はとても魅力的です。
ただしバレエを習うには毎日自宅でも柔軟、トレーニングをするなど地道な努力が必要ですし、費用もとても要るため、やりたい人すべてが習い事として買えるわけではありません。
バレエは小学生を持つ親からも人気があり、子供ではなく親主体で習いする人も少なくありません。
バレエは美しさが求められる習い事なので、ほんのり著しい練習になります。
習い積み重ねることによって、弾力が身について、姿勢も良くなり、忍耐深く、内的も鍛えられます。

バレエを習う場合、個人教室、プール、カルチャーセンターなど習う教室によって費用はかなり違ってきます。
入会金は5,000円〜10,000円くらい。
月謝は5,000円〜20,000円くらいと甚だ幅広くなっている。
この他にバレエの場合には、レオタード、バレエシューズ、タイツなど必要なものがあります。
初期費用としてこれらを粗方立てるのに約10,000円かかります。
しかしこれらは定期的に必要なもので、熱心な生徒になるとバレエシューズはウィークに1度履きつぶしてしまうこともあるようです。
一段とバレエを習い事として選ぶのに一大理由は、発表会だ。
発表会の場合、参加費にプラス衣装代がはなはだ高額になります。
他にも先生へのお礼、一緒に踊ったダンサーへのお礼などもかかります。
年間で50,000円〜150,000円ととても費用が高いです。
グングン発表会のチケットを親が配らなければいけないこともあります。
月謝以外にどれくらいのお金が陥るのか、入る前に正しく確認しておいてから入った方がいいと思います。

習い事としてバレエをするメリット、デメリットを紹介します。

<メリット>
弾力が身につき、姿勢が良くなること。
ボディが鍛えられ、運動神経が良くなり、表現力が豊かになること。
音感、リズム感が身につくこと。
きれいな衣装を着て、踊り、みんなに見てもらえること。

<デメリット>
お金が要すること。
練習が酷いこと。
自主トレが必要なこと。

バレエを習うときのネックは何しろお金のようです。
しかしプールが行っている教室や発表会を通していないバレエ教室などお手頃なバレエ教室もあります。
金銭面だけを気にして躊躇されているようでしたら、そういう教室を探してまずは体験入会してみるといいと思います。参照サイト